【千日詣(せんにちまいり)】


 正式には千日通夜祭(せんにちつうやさい)と云います。

 7月31日夜から8月1日早朝にかけて参拝すると千日分の火伏・防火の御利益があると云われ、毎年数万人の参拝者で境内参道は埋め尽くされます。

 当日、麓の清滝から山頂の愛宕神社までの約4kmの登山道(表参道)には明かりが翌朝まで点灯されます。

 7月31日は京福電鉄嵐山駅前−清滝の間は深夜までバス増発されます。

 詳細は京都バスHP又は電話075-861-2105にお問合わせ下さい。

 千日詣りの臨時バス案内は7月に掲載されます。

 JR嵯峨嵐山駅〜京福電鉄嵐山駅〜阪急嵐山駅の間は各1km程です。

 清滝には駐車場は1箇所しかありません道が狭いので路上駐車は出来ません。清滝手前でバス以外は当日交通規制される場合があります。

 当日夜の表参道は灯りが点きますが懐中電灯は必ずお持ちください。



・神事

  ・7月31日午後9時 夕御饌祭(ゆうみけさい)・・山伏によるゴマ焚き神事あり。

  ・8月1日午前2時  朝御饌祭(あさみけさい)・・人長の舞奉奏、鎮火神事あり。



以下の写真は千日詣りの風景


Copyright, 2016,Atago_jinjya, All Right Reserved